食材宅配の安全性について

食材宅配について

アレルギーをお持ちの方向けの食事作り、たいへんですよね?
一般の人向けの食事をつくるだけでも十分大変ですから、その大変さ、お察しします。

今や、食材宅配サービスでは、アレルギーがある人向けとうたっているところがあります。各サービスのアレルギー対応商品、アレルギー表示の工夫などを比べてみました。

アレルギーがある人向けの食材宅配サービスを選ぶポイント

以下の4ポイントに注目するといいでしょう。

原材料がすべて表記されているかどうか

食品表示法で表示することが義務付けられているアレルゲンは、かに、えび、そば、落花生、小麦、卵、乳、落花生の7大アレルゲンと言われるものです。

これらのほかに、さけ、さば、あわび、いか、いくら、バナナ、もも、リンゴ、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、カシューナッツ、ごま、大豆、やまいも、松茸、鶏肉、豚肉、ゼラチンの20種については、表示が奨励されています。

これらのアレルゲンのすべてが原材料名のところに表示され、ご自身やお子さんのアレルゲンが含まれていないかどうか確認できることが大切です。

アレルギー対応商品の種類

小麦を使わないパンやお菓子をはじめ、レトルト食品、調味料などアレルゲンが含まれていない食品の種類が多いといいですね。

避けたいアレルギンが使われている商品に注目できるようになっているか

らでぃっしゅぼーやでは、ネット注文時、除外したいアレルゲンを登録しておくと、商品にそのアレルゲンが含まれている場合、赤く表示されたり、「アレルゲン情報」と表示が出たり、アレルゲンを避けるいろいろな工夫がされています。

単品購入できるかどうか

何食かでセットになっているコースメニューの場合、すべてにある特定のアレルゲンが含まれていないということは難しいので、単品でも買える宅配食の方が使い勝手がいいでしょう。

いまのところ、特定のアレルゲン除去の専用コースは、どのサービスにもありません。一つ一つの商品を個別にチェックしていく必要があります。

妊婦さんや出産後ベビーがいるご家庭向け

体の負担、家事の負担を軽減してくれるか?

妊娠中、出産直後のママの身体は、とても大切です。無理は禁物です。特に、重い荷物を持つのは安全のため、避けた方がいいでしょう。

注文したものが、家庭に届けられる食材宅配サービスなら、買い物の手間が省けて、リスクも減らすことができます。

さらに、カット済みの食材などの時短レシピキットなら、家事の負担も軽くできます。

ママやベビーのため、栄養バランスが考えられているか?

妊娠中、授乳期は、ママだけでなく、ベビーのためにも、栄養バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

体重管理の他、必要な栄養素も十分にとらなければならないので、その点が考慮されているかも大きなチェックポイントです。

添加物など余分なものを極力省き、品質がいいものを食べたい!

妊娠中、授乳中、離乳期のベビーのためには、安心・安全な食べ物を選びましょう。添加物、農薬などをできるだけ省き、放射能検査も行っているなら、安心です。

妊婦さん、産後すぐの赤ちゃんがいるご家庭におすすめは?

妊婦さん、産後すぐの赤ちゃんがいるご家庭におすすめを食材が週1届く食材宅配、毎日その日の夕食材料が届く夕食宅配、冷凍のおかずやお弁当が届く宅配食のタイプ別におすすめをまとめました。

妊娠中、産後など体調がすぐれないときに助かるのが、宅配食・宅配弁当です。出産でママが入院中のパパにも大助かりです。

妊娠高血圧症や妊娠糖尿病の予防、カロリーの摂りすぎによる体重管理など、妊娠中の健康管理はとても大切です。でも、なかなかそういう食事を作るのは難しいです。そんな時、お役に立つのが、制限食のお弁当です。プロが監修しているから、安心してお任せできます。

食材宅配の安全性のまとめ

妊婦さんや産後すぐのベビーがいるご家庭向け食材宅配サービスを詳しくご説明しました。妊娠、出産、育児という大切な時期ですから、できるだけ健康に留意し、家事の負担も減らしたいですね。
そんな時、ぜひ利用していただきたいのが、食材宅配サービス、夕食宅配、宅配食です。ご事情に合わせて、ピッタリなコースをお選びください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました